仕事

転職で年収はいくら上がる?|結論:100万円アップは普通にある。

年収アップ

こんにちは、平八郎です。

転職したら、年収ってどうなるんだろう?年収が下がらないか心配。

こんな悩みにお答えします。

結論、100万円位の年収アップであれば、普通にあり得ます。

ちなみに僕は、新卒で入った会社から2社目に移るとき、60~70万円位アップしました。

ただ、もちろん年収が下がってしまう転職もあります。

本記事では、どうすれば転職で年収を上げられるかを解説します。

記事の信頼性
自分自身、転職で年収が60~70万円アップしました。また、転職エージェントとして様々な転職パターンを見てきました。

転職で年収はいくら上がるか?

転職エージェントとして、僕が転職を手伝った人の中では、最大で400万円アップした人がいました。

その方は、メーカーから総合商社に転職した人でした。(念のため本人に、本記事を書くことは了承をとっています。)

また、純粋に転職直後の年収ではありませんが、インセンティブ(業績連動の報酬)が高い会社の場合は、個人の成績によって年収が青天井に上がります。

転職先で2~3年で成果を出し、1000万以上の年収アップを実現した方もいました。

転職で年収を上げる方法

では、転職で年収を上げる方法を見ていきましょう。

大まかに次の3つに分類されます。

①年収水準が高い業界を選ぶ

年収水準の高い業界や会社に転職すると、それだけで年収アップするケースが多いです。

例えば、先程例に出した、メーカーから総合商社に移った人のケースでも、職種は変わらず、総合商社という高年収水準の会社に移っただけで、年収が400万円上がりました。

年収水準に関しては、上場企業であれば、インターネット上で社員の平均年収を公開しているので、調べてみてください。

利益率が高い業界の例

非上場企業の場合は、平均年収を公開していないケースがほとんどなので、利益率が高い業界を狙いましょう。

なぜならば、社員に給与を払う元手は、会社の利益だからです。会社が儲かっていなければ、元手がありません。

例えば、利益率が高い業界は、以下のような業界です。

  • 人材紹介
  • 広告
  • ITサービス
  • Web(インターネット系)サービス
  • 金融
  • コンサルティング

いずれも売り物が無形商品なので、商品の原価に「ほとんど人件費しかかかっていない」からです。

例えばメーカーの場合、人件費に加えて、工場への設備投資や部品代などがかかるため、原価が高くなりがちです。

②インセンティブが高い仕事を選ぶ

インセンティブが高い仕事は、営業系の(売り上げをつくる)仕事です。

なぜなら、「会社に売り上げをもたらす社員に対して、その一部をインセンティブとして支払う」という仕組みだからです。

例えば、プルデンシャル生命のライフプランナー(保険の営業職)は、成績トップクラスの方ならば、数億円稼いでいます。

M&A仲介会社は平均年収ランキングの上位常連

M&A仲介会社も、インセンティブが高い会社の代表です。

上場企業の平均年収ランキングで、複数の会社がトップ10入りしています。

<div class=”concept-box6″><p>

M&A仲介:
「会社を売却したい」会社オーナーを「会社をM&A(買収)したい」会社と結び付け、M&A成功時に手数料を得るビジネス。

</p></div>

なかでも「M&Aキャピタルパートナーズ」という会社は、社員の「平均年収」が3109万円(2019年9月決算の有価証券報告書情報)というすごい金額です。

あくまで「平均年収」なので、稼いでいる社員は更に高額の年収をもらっています。

「M&Aキャピタルパートナーズ」以外には、「ストライク」や「日本M&Aセンター」という会社も、M&A仲介会社として有名です。

ちなみに、M&A仲介会社は、年収水準の高さから、旧帝大や早慶のような高学校歴が多いと思うかもしれません。

しかし、勤めている人に聞いたところ、日東駒専クラスの大学の出身者もいて、稼いでいるそうです。

③役職アップ

現在の会社で、上の役職が空かないため昇進できない場合は、転職先で役職アップすることで、年収が上がるケースもあります。

ちなみにコンサルティングファームは、もともと厳しい環境でしのぎを削っていることもあり、役職が空くのを順番待ちするという思考になりづらいです。

例えば、PwCコンサルティングとデロイトトーマツコンサルティングのように、同属性(両方とも会計系)・同規模の会社間であっても、役職アップのために転職します。

中小企業だと年収が下がる?

転職活動で魅力的な会社を見つけたとしても、今の会社よりも規模が小さくなる場合、年収が下がらないか、不安ですよね。

ただ、先程も話した通り、見るべき点は「利益が出るかどうか」です。

中小企業であっても、年収が高い会社はあります。

実際、僕は1社目から2社目に移った際、会社の人数は1000分の1になりましたが、年収は上がりました。

まとめ:年収を上げたいなら、儲かる業界に行こう

転職で年収を上げる方法について解説してきました。

「インセンティブの高い仕事を選ぶ」「役職アップ」は、人やタイミングにもよるので、一番やりやすいのは、「年収水準が高い業界を選ぶ」ことだと思います。

どうせ転職するなら年収が上がった方が、日々の選択肢も広がってハッピーだと思います。

ぜひ参考にしてみてください。