仕事

転職は親への相談不要。でも、安心させよう|僕の実体験ベースに解説

親に相談

こんにちは、平八郎です。

転職したいけど、親に相談すべき?反対されそうで不安。

こんな悩みを解決します。

結論、相談する必要はありませんが、親を安心させてあげましょう。

転職の際に、親や奥さんに反対されることを「親ブロック」「嫁ブロック」と言ったりします。

せっかくあなたが、やりたいことを見つけたとしても、家族に反対されて、その道を断念してしまうのは辛いですよね。

僕は転職エージェントとして、何人もの人から「親ブロック」の相談を受けたこともありますし、僕自身が転職する際に、親はずいぶん心配していました。

本記事では、僕の実体験に基づいたコミュニケーションの要点を紹介しますので、「あなたの転職を、あなたの親が応援してくれる状況」になれば幸いです。

転職を親に相談しなくていい理由3つ

まず、転職を親に相談しなくてもいい理由を解説します。

①親の世代は転職になじみがない

1996年以降、職業紹介や人材派遣に関する規制が緩和され、人材紹介会社が一気に増加し、転職が一般的になりました。

そのため、今に比べて親世代には転職する人が少なく、転職になじみがありません。

自分自身が転職をしたことがないため、なんとなく転職に抵抗がある、という親も多いのではないでしょうか。

②親は会社のことを正確に知っていない

ほとんどの場合、親はあなたの内定先(行きたい会社)のことを正確に知りません。

その結果、内定先の良し悪しを、イメージで判断されてしまうかもしれません。

例えば、ソニーやトヨタ自動車などの有名な企業であっても、同業界にいる人でなければ、具体的に売り上げや利益を知らないケースがほとんどです。

③親はあなたの人生に責任をとってくれない

基本的には、親よりもあなたの方が長く生きるでしょう。

親の言うことを優先して判断して、もし将来困難にぶつかった場合、自分で決めればよかったと後悔するかもしれません。

自分で決断したことであれば、たとえ失敗したとしても、割り切れるのではないでしょうか?

反対する理由は心配・不安

基本的に親が反対する理由は、「子供であるあなたのことが心配」だからです。

特に、あなたが社会人経験の少ない20代だったり、兄弟の中で初めて転職する場合は、なおさらだと思います、

一方で、親は子供の幸せを願っているので、あなたが転職により幸せになるのであれば、反対はしないはずです。

そのためには、客観的な事実(情報)を集め、親を安心させましょう。

僕の場合は、大企業に勤めていましたが、中小企業に転職することが、親は不安に思っていたようです。

中小企業の場合は大企業に比べて、インターネット上に情報が少なく、良し悪しが分かりづらいです。

不安解消のために、転職先に聞くべき情報

親を安心させるための情報は、インターネット上の情報だけでは足りないことが多いです。

以下の項目を参考に、内定先に聞いてみてください。

転勤の話などは、面接の場で突っ込んで聞きすぎると、会社によっては悪い印象を抱く場合もありますので、なるべく内定をもらった後に聞いた方が良いと思います。

転職エージェントを使っている場合は、転職エージェントを通して聞くとスムーズです。

ちなみに、以下の情報集めは、間違った転職を避けるためにも重要です。情報を集めた結果、論理的に「転職しない方が良い」という結論になることもあるでしょう。

会社の業績

上場企業であればホームページ上に、投資家向けにIR情報が公開されています。

IR情報内に損益計算書(PL)や、貸借対照表(BS、バランスシート)が載っているので、きちんと安定的に利益が出ていることを確認しましょう。

上場企業のグループ会社や、その他の非上場企業の場合は、業績が載っていなかったり、売り上げしか載っていない場合も多いですので、内定先に聞く必要があります。

売り上げがいくら大きくても、利益が出ていないと会社は継続できませんので、確認しておきましょう。

正確な利益額は教えてもらえなくても、「数千万円程度」や「10億円弱」のように、大体の規模間なら、教えてくれるケースはあると思います。

具体的な仕事内容

仕事内容は、求人票に書いてあることがほとんどですが、内定後に改めてしっかり確認しておいた方が良いと思います。

なぜなら、求人票に「経営企画」や「総務」のように書いてあったとしても、会社によってそれらの仕事の中身が違うことがあるからです。

将来的に異動することで、仕事内容が変わってしまう可能性はありますが、入社直後にやる仕事は正確に把握しておきたいですね。

労働条件

将来の年収の上がり幅は、聞いておいた方が良いです。

お金の話は聞きづらいかもしれませんが、年齢とともに生活コストは上がる傾向にあるので、長期的に働くうえで、昇給の可能性について確認しておくことは重要です。

ただ、昇給に関しては、個人の人事評価にもよるため、会社側も回答しづらいかもしれません。

その場合は、会社の利益と同じく、大体の目安を聞くと良いと思います。

また、転勤がある会社の場合は、可能性が高いエリアも聞いておくと安心です。

まとめ:親を安心させてあげましょう

転職は人生の中でも大きなターニングポイントですし、大切な存在である親に相談をしたいという気持ちはとても分かります。

しかし、親に相談することで、あなたの可能性が閉ざされてしまうのは本末転倒です。

本記事が、あなたの転職を親が理解してくれる手助けになれば、幸いです。