仕事

ブラインドタッチができない人へ|僕が妻に教えたコツと練習方法を解説

ブラインドタッチ

こんにちは、平八郎です。

ブラインドタッチができない。コツとかいい練習方法はないかな?

こんな悩みを解決します。

ブラインドタッチができないと、タイピング速度が遅くなり、文章の入力に時間がかかってしまいます。

ちょうど半年ほど前に、妻にブラインドタッチを教えたので、その経験を元にブラインドタッチのコツや練習方法をお話しします。

ブラインドタッチを身に着ければ、書類の作成スピードが上がり、あなたの残業時間を減らせるかもしれません。

記事の信頼性
僕の妻は、仕事でパソコンを使ったことがありませんでしたが、1ヵ月程度で仕事に困らない程度に、ブラインドタッチをできるようになりました。
僕自身のタイピングスキルは、寿司打の10000円コースでお釣りが出るレベルです。

ブラインドタッチのコツ

僕が妻に伝えたブラインドタッチのコツは、以下の3つです。

ちなみに妻は、学生時代にレポート作成でWordを少し使っていたくらいで、仕事では使ったことがありませんでした。

そのため、パソコンを持っていなくて、ほぼゼロスタートでした。

①目的をはっきりさせる

そんな妻に、まず伝えたのが「ブラインドタッチを身に着ける目的を考える」ことです。

ブラインドタッチに限らずですが、目的がある場合とない場合では、モチベーションが全然変わってきます。

そのため、目的を明確にすることで、挫折する可能性を減らすことができます。

ちなみに妻の場合は、「作業効率を上げて、残業せずに帰宅できるようにする」でした。

完璧を目指さない

はじめから完璧を目指すと、心が折れます。

ブラインドタッチを練習する際、「指をホームポジションに置かなければいけない」というのは習うと思いますが、慣れないうちはどうしても指がずれてきますが、普通のことです。

「指がずれたら、その都度戻す」ということを何度もやっていると、だんだんと指の位置が固定化されていきますので、安心してください。

毎日キーボードに触る

ブラインドタッチは「能力ではなく、慣れ」なので、毎日練習した方が良いです。

はじめは「『た』を入力するには『t』を押して、次は『a』を押す」のように考えて打つと思いますが、慣れてくると、考えずに打てます。

そのためには「無意識にできるまで、指に動きを覚えさせる」必要があり、スポーツと同じです。

そして、スポーツと同じということは、少し時間を置くと、下手になってしまいます。

学生時代に運動部だった人は、テスト期間明けの久しぶりの部活で、上手く体が動かなかった経験があるのではないでしょうか?

期間を空けてしまうと、感覚を忘れてしまうので、毎日やりましょう。

そのためには「夜ご飯を食べた後に、10分間練習する」などの、決まり事を作っておくと、続けやすいですね。

ブラインドタッチの練習方法

妻がやっていたブラインドタッチの練習方法は、以下の2つです。

タイピングソフトは「寿司打」がおすすめ

タイピングソフトは、単純に楽しいので、おすすめです。

タイピングソフトにも色々ありますが、僕のおすすめは「寿司打」です。

なぜなら、ゲーム性が強く、「クリアしてやろう!」という気持ちになるからです。

他のタイピングソフトも、時間制限があったり、点数やランクがついてゲーム性はあります。

しかし、寿司打は「回転寿司の皿が自分の前を通り過ぎる」という視覚的に分かりやすい時間制限があるため、より燃えます(笑)

ゲーミフィケーションを上手く取り入れることで、楽しんで練習できるため、継続できる可能性が高まります。

<div class=”concept-box6″><p>

ゲーミフィケーション:
ゲームの構造や要素を、ゲームとは別の分野に応用し、ユーザーの満足度を上げることです。
例えば、「楽天市場の会員ランク制度」や「くら寿司の皿5枚で引けるガチャガチャ」も、ゲーミフィケーションの一種です。

</p></div>

寿司打の10000円コースで、おつりが出るようになるまで頑張りましょう!

お気に入りの本を写経する

タイピングソフトに飽きてきたら、本を写経するのも、おすすめです。

お気に入りの本を使えば、楽しんでできるので続きやすいと思います。

ちなみに、横書きで書かれた本が良いでしょう。

なぜなら、パソコンで文章を打つ場合はほとんど横書きなので、合わせた方が作業効率が良いと考えています。

そして、できれば文字が大きめに書かれた本を使った方が、心理的抵抗が少ないです。

また、ソフトカバーの本は開いたままにしづらいので、ハードカバーの本がベターです。

まとめ:「ブラインドタッチは慣れ」です。

ブラインドタッチができるとカッコいいけど、はじめのうちは難しいですよね。

でも、本当に慣れなので、頑張って練習しているうちに、気づいたらできるようになっていますよ。

もし仕事でパソコンを使う場合は、ブラインドタッチを身に着けておくと、作業が早くなり、結果的にあなたの時間が増えることになりますので、おすすめです。

本記事が役に立てば幸いです。